ほくろの除去 | 皮膚科での治療を知り早めに皮膚疾患を治していく

皮膚科での治療を知り早めに皮膚疾患を治していく

ほくろの除去

皮膚科では、ほくろを取るという治療を行うこともできます。
ほくろの場合、一見ほくろに見えるものが、老人角化腫という症状や悪性黒色腫という皮膚癌であることもあります。
皮膚科医に相談を行うことで、これが本当にほくろかどうか知ることができます。
ほくろは、皮膚良性腫瘍とも呼ばれます。これを取り除くためには、手術によって切除するという方法があります。
手術には様々な方法があります。電気メスや炭酸ガスレーザーで切除を行う方法です。
また、傷跡を残さないために、レーザーでの治療を行うこともあります。
小さなほくろの場合、レーザーを数回繰り返すことで除去を行うことが可能です。
また、ほくろの大きさに寄っては、外科的な手術を行う方が効果的な場合もあります。

ほくろによく似たものに、黒あざとよばれるものがあります。
黒あざは、色素性母斑や母斑細胞母斑と呼ばれています。
通常型や巨大型と呼ばれることがあり、巨大型と呼ばれるものを黒あざと呼びます。
黒あざの場合、表面に硬い毛が生えていることもあります。
身体や手足等広範囲に存在し、生まれつきのものが多いです。
悪性化する可能性が高いので、皮膚科で診療を受けることが大切です。
黒あざの場合、外科的に切除を行うことが通常の治療法として採用されています。
また、あざのおおきさによってはレーザー治療を行うことも有ります。
皮膚科医で相談を行い、どのような手法で摘出するのか相談を行うことが大切です。