ニキビ治療 | 皮膚科での治療を知り早めに皮膚疾患を治していく

皮膚科での治療を知り早めに皮膚疾患を治していく

ニキビ治療

皮膚科の治療で、受診が多いものがニキビの治療です。
ニキビは90%以上の人が経験するものといわれており、思春期に多く出ることで知られています。
炎症がひどい場合は、痕がのこることもあり患者にとっては大きな苦痛になります。
ニキビは、皮脂の分泌が多く毛穴の先が詰まることで皮脂が溜まることから発生します。
アクネ菌と呼ばれるニキビを引き起こす金は、常に毛穴にいますが、数が増えると炎症を起こし、ニキビを発生させます。
また、思春期以外に大人にもニキビを発生させることがあります。
基本的に思春期と構造は同じですが、生活が不規則な事で発症することがあります。
月経不順の場合、女性ホルモンに異常が発生している事もあります。
皮膚科医に相談を行うことで、早めに婦人科系の病気もみつけることができます。

皮膚科でニキビを治療する場合、基本的に飲み薬と塗り薬を推奨しています。
アクネ菌や炎症に有効で、抗生物質が処方されることが多いです。
また、ニキビに溜まっている皮脂を、針で穴をあけ押し出すという面皰圧出という処置も行われます。
基本的に塗り薬や飲み薬での対応となりますが、ケミカルピーリングや、漢方を利用して治療を行うこともあります。
ケミカルピーリングとは、古い角質を剥がして角栓を除去することです。
角質を取ることで、皮脂がたまりにくく、ニキビが新しくできにくい状態にすることができます。
また、ビタミンB2やB6など、皮脂を抑える効果があるというビタミン剤を処方し、ニキビの治療に使用することもあります。
薬をのむ際は、皮膚科医の指示に従って飲むことが大切です。
早めに治療したいからといって、皮膚科医の指示に従わず、飲み過ぎると副作用が強く出るという可能性があります。